スポンサードリンク
   


実相院の紅葉の見ごろ


実相院は他に岩倉門跡や岩倉御殿とも呼ばれていて、
東山天皇の妃であった承秋門院の旧宮殿として拝領した
格式高い寺院です。



実相院には2つの庭があります。

一つが池泉回遊式庭園で、奥の書院と宮殿との間にあり、
庭のカエデが紅葉の時期になると色鮮やかに彩られます



またもう一つが枯山水庭園で、
広々とした白砂のなかに石が配され、
その綺麗な白い砂の上に赤く染まった赤いモミジが落ち
大変美しいコントラストを見ることができます




また、実相院に行って絶対に鑑賞しておきたいのは、
「床もみじ」ひらめきでしょう。



「床もみじ」とは、
宮殿の磨き上げられた黒光りした床に映り込むもみじのことで、
他では見ることがないだけあって必見です!



以前までは写真OKあせあせ(飛び散る汗)だったようですが、
今は撮影不可となってしまったようなので、
足を運んで他にない美しさを目に焼き付けましょうexclamation×2





実相院基本データ2013サーチ(調べる)
場所;京都市左京区岩倉上蔵町121
TEL;075-781-5464
休日;無休
時間;9:00〜17:00
料金;高校生以上500円、小学生以上250円
紅葉の見ごろ;11月上旬〜下旬
種類;イロハモミジ、ヤマモミジ
規模;約200本

※2012は夜間ライトアップはしていないようですもうやだ〜(悲しい顔)





posted by ミィ at | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


猿と山羊の綱渡り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。