スポンサードリンク
   


詩仙堂丈山寺の紅葉の見ごろ


ぴかぴか(新しい)詩仙堂丈山寺は、
江戸時代の文人・石川丈山が建て31年間暮らした山荘です。



山裾の緩やかな斜面を巧みに活かした庭園を持つ建物で、
でこぼこした土地に建てられた住居という意味から
かつては凸凹か(おうとつか)という名称でした。



詩仙のあいだから望む海と連山を表現した庭園は、
お団子のようにまん丸く刈り込まれた緑色のサツキが
とても可愛らしいですわーい(嬉しい顔)るんるん


また、庭園に敷き詰められた白砂も美しく、
紅葉の季節は白・緑に加え真っ赤に染まった紅葉が加わり
素晴らしいコントラストを鑑賞できます。




丈山寺は作り自体は正直質素な感じなのですが、
私はそこが逆に気持ちが落ち着けて好きです。



ただやはり紅葉の時期はかなり混み合うので、
出来れば朝11時晴れくらいまでには行っておくのがベストだと思いますひらめき





詩仙堂丈山寺基本データ2013サーチ(調べる)
場所;京都市左京区一乗寺門口町27
TEL;075-781-2954
休日;秋季無休
時間;9:00〜17:00(受付は〜16:45)
料金;大人 500円、高校生400円、中学生200円
紅葉の見ごろ;11月下旬〜12月上旬
種類;カエデ
規模;約100本





posted by ミィ at | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


猿と山羊の綱渡り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。